シジミの種類

   
図1 日本に生息するシジミ属3種
図1 日本に生息するシジミ属3種

 日本に生息しているシジミは、ヤマトシジミ、セタシジミ、マシジミの3種です(図1)。外観はかなり似ていますが、生態面では大きな違いがあります(表1)。セタシジミは琵琶湖の固有種で、琵琶湖でのシジミ漁の対象ですが、環境の悪化や乱獲などから資源量は大幅に減ってしまいました。マシジミは水田周辺の小川にたくさん住んでいましたが、化学肥料や農薬の影響、河川改修・農地整備などの環境変化でほとんど姿を消してしまいました。

 このように日本には3種のシジミがいますが、シジミ漁業の漁獲量の99%以上はヤマトシジミです。

   
表1 日本に生息するシジミ属3種の特徴
和名
学名
ヤマトシジミ
Corbicula japonica
セタシジミ
Corbicula sandai
マシジミ
Corbicula leana
分布・生息域 汽水域
砂泥底
琵琶湖水系
砂底
淡水域(小川)
砂底
繁殖・発生 雌雄異体
卵生
放卵放精
雌雄異体
卵生
放卵放精
雌雄同体
卵胎生
体内受精
浮遊期 長い(3〜10日) 短い(数時間) なし
形態的特徴
 殻頂部

卵三角形
ふくらみ少し弱い

卵三角形
ふくらみ高い

卵三角形
ふくらみ弱い
 殻表 輪脈弱い
光沢強い
輪脈弱く広い
光沢強い
輪脈明らか
光沢鈍い
 殻の内面 白紫色 紫色 濃紫色

日本シジミ研究所

所長 中村 幹雄

──────────────

1.シジミの調査・研究及び受託業務
2.
環境の調査・研究及び受託業務
3.シジミ資源保護・環境保全に
関する普及啓発活動
4.生物と環境に関する出版事業
5.シジミの販売

──────────────

本社〒699-0204

島根県松江市玉湯町林1280-1

TEL.0852-62-8956
FAX.0852-62-8957
Mail.
nihon@sijimi-lab.jp

──────────────

来待分室〒699-0403

島根県松江市宍道町西来待1497

──────────────

名古屋支店 

支店長 杉山ゆかり

TEL 090-7548-9597 

Mail: amasagi@sijimi-lab.jp 

──────────────

049396
<<日本シジミ研究所>> 〒699-0204 島根県松江市玉湯町林1280-1 TEL:0852-62-8956 FAX:0852-62-8957