参加者の声

 

平成20(2008)年度 水辺の教室 参加者の声

平成20(2008)年度 水辺の教室 参加者の声
 
7/26 ジュニアスクール08 ふるさと松江家族体験「宍道湖でシジミとり」

(子供)

  • シジミをとろうとしたら、魚がとれておもしろかった。
  • シジミがたくさんとれた時はうれしかったです。
  • 手をのばして水の中に入ってシジミを捕るのは難しかった。
  • 初めてだったので少し緊張したけど、いっぱいとれてうれしかった。お母さんと僕で一緒にとることは楽しかったです。シジミ汁がおいしかった。
  • 宍道湖に初めて入り、いい思い出になりました。

(大人)

  • 子供たちと水遊びもできて勉強になりました。近いようで身近でなかった宍道湖にふれることができ大変良かったです。宍道湖の底に意外と泥が多くてびっくりでした。
  • 孫と一緒に有意義な楽しい時間を過ごすことができ、喜んでいます。
  • 初めてのシジミとりを体験できて大変楽しかったです。シジミのとれる宍道湖はほんとに貴重だと思いました。
  • 宍道湖は思ったよりきれいでした。
  • 宍道湖は思ったよりきたなかった。
  • シジミがたくさんとれてびっくりしました。また参加したいです。
  • 私自身も初めての体験でしたが、とても楽しかったです。暑い中でしたが3人で共通の体験ができたのは有意義でした。
  • 普段宍道湖の中に入ることもなく、シジミをとるということもなく、「なんとなく」の自然保護の気持ちをもっていましたが、お話をいただきすごく大切だということが分かりました。シジミの種類、オス、メス等知らなかったこともたくさん分かりました。
  • 宍道湖を知る機会、体験できる機会が非常に少ないと感じています。市民でありながら初めて入水しましたし、周辺を散策することもなく恥ずかしい限りです。
  • 初めての体験で、普段できないことなので楽しかったです。
  • シジミを守るために川や海を大切に汚さないようにしなくてはと思いました。子どもにとっても貴重な体験になったと思います。とてもおいしく楽しい学習でした。中村先生をはじめスタッフのみなさま、市職員のみなさまありがとうございました。
  • 身近な宍道湖とシジミになかなか接することができませんでした。子どもにとっても大人にとっても楽しい時間でした。
  • 地元でとれることはよく知っていても、実際自分でとってみてより実感することができました。
  • 八雲では、昔は小川などでシジミがとれていたけど今はほとんど見なくなりました。子どもにとって自分の手でシジミがとれたことは他にない良い体験だったと思います。環境を大切に守りたいと思います。
  • 子どもたちが直接体験をすることで、地元のことや地域の自然に対して考えることができるようになると思います。
  • 子どもたちがとても楽しかった様子で、それだけでも目標が達成できた気がします。普段めったにできない宍道湖に入るという体験、シジミや宍道湖の生き物を知るということすべてが新鮮でとても楽しいイベントでした。
  • 来年も開催してください。
  • 予想以上にものすご〜く楽しかったです。最初は深いところを怖がっていた娘でしたが、一度入ってしまうと全然怖がらず、シジミがとれる喜びが勝っていました。手で探っただけでたくさんとれて親子共々初めての体験に大感動でした。
  • 初めて家族で参加させていただきましたが、とても楽しい時間を過ごせてよかったです。普通の貝よりも手を伸ばせばすぐにシジミにあたるので、おもしろくて親子夢中になってとっていました。暑い中でも水の中に入れば涼しく、子どもたちは何度も潜っては手にしたシジミを眺め数や大きさに一喜一憂していました。スタッフのみなさん暑い中大変お世話になりました。我が家の夏の恒例行事になるかも?です。
  • 子ども、母、祖父、親子3代で参加でき貴重な体験ができました。
  • 短い時間の説明でしたが、シジミに関してへぇ〜と思うようなお話が聞けてよかったです。
  • 昨年度は参加できませんでしたが、今年度よりブロック別となり参加できてよかったです。シジミの大小を競うようなイベントがあればおもしろいと思います。
   
8/21・8/28 まつえ市民大学「食と環境? 湖の恵みを味わおう 日本シジ
  • 宍道湖に入りシジミ取り体験ができてとても楽しかったです。シジミの生態系も学び、年々捕獲量の減っていることを聞き、何かできないかしらと思います。生き物の生きる湖を大切にしたいと思います。
  • 市民大学に入ったきっかけは、本日の宍道湖でのシジミ体験があったので希望しました。天候もまずますで、舟で宍道湖へ出た時には大感激でした。このような体験をさせて頂けたので、もっと宍道湖を大切にしたいと思います。シジミ汁の美味しさも忘れられません。環境問題にもっと皆が関心を持って大切にしたいものです。
  • 宍道湖に舟で出られたのが良かった。視点が変わり、改めてこの自然を大切にしなければと思った。中村先生の講義ももっともっと聞きたいくらい興味があり、時間を取ってまた機会があれば続編をお願いしたいと思います。子供の頃シジミ取りをしたことがあります。今日は50数年振りでした。シジミ汁が美味しくて感激しました。心のこもったお料理も全て美味しかったです。スタッフの方々ありがとうございました。また企画していただきたいと思います。宍道湖のほとりでの昼食は最高でした。
  • シジミ取り60年前を思い出し大変楽しませていただきました。宍道湖、昔はもう少し青い水でした。環境は確実に悪くなっているようです。孫たちにも昔の宍道湖が良かったこと、水をきれいにという事を伝えていきたい。
  • 中村先生の人間味あふれる講義、案内に感謝致します。宍道湖がいつまでも私達の心のよりどころになる事を願っております。
  • 初めてのシジミ取り体験、とても良かったです。湖の中に舟で行き、改めて宍道湖の大きさを感じ、環境問題にもっと興味を持って取り組みたいと思いました。
  • 中村先生のシジミ(生き物)への愛情がとてもおありになる熱のこもったお話は、生き物全体を守っていくには私達が今何をすべきかを考え、それを実行し、孫達にもその思いを伝えていかねばと感じました。シジミ汁もとても香りを感じ、味を感じ頂きました。
  • 初めての珍しい体験をさせてもらいました。わざわざ魚やカニの料理まで頂き申し訳なく思いました。お世話になりました。
  • 宍道湖の中に入ってシジミ取りをすることはとても良い体験になりました。50年振りに湖の中に入りました。環境に関する話も有意義でした。昔、中海干拓事業に7年間勤務しました。心境は複雑でした。
  • 宍道湖に実際に入りシジミ取りを体験できたこととても良かった。宍道湖の環境保全の大切さを実感しました。
  • 初めてのシジミ取り、時間を忘れて楽しい時間でした。
  • 実際に水の中に入りシジミ取りができ、とても楽しかった。
  • シジミ取りの体験は非常に楽しかった。この自然環境は今後も大切にする必要があると改めて考えさせられた。
  • 大変楽しかったです。

日本シジミ研究所

所長 中村 幹雄

──────────────

1.シジミの調査・研究及び受託業務
2.
環境の調査・研究及び受託業務
3.シジミ資源保護・環境保全に
関する普及啓発活動
4.生物と環境に関する出版事業
5.シジミの販売

──────────────

本社〒699-0204

島根県松江市玉湯町林1280-1

TEL.0852-62-8956
FAX.0852-62-8957
Mail.
nihon@sijimi-lab.jp

──────────────

来待分室〒699-0403

島根県松江市宍道町西来待1497

──────────────

名古屋支店 

支店長 杉山ゆかり

TEL 090-7548-9597 

Mail: amasagi@sijimi-lab.jp 

──────────────

049397
<<日本シジミ研究所>> 〒699-0204 島根県松江市玉湯町林1280-1 TEL:0852-62-8956 FAX:0852-62-8957